Talenta 2月19日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20190219120720g:plain

2月19日 火曜日

1.みずほFGが『Jコイン』ローンチを控え、中国アリババ傘下のアリペイと提携を発表

  3月にJコインを利用したQR決済サービス(Jコインペイ) 開始を控えるみずほフィナンシャルグループ(FG)が、中国Alibabaの傘下であるアリペイと提携していくことを発表しました。この提携により、Jコインペイのサービス加盟店において、アリペイが展開するQRコード決済サービスを利用することができるようになります。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.インドネシアが仮想通貨先物取引で新規制 ビットコイン先物の業者は78億円の最低資本金が必要に

  インドネシアの規制当局、先物取引所監督委員会(Bappebti)は、仮想通貨の先物取引のための新しい規制を発表した。ただ規制の厳しさから現地の事業者からは不満の声も漏れているという。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.Gincoが日本マイクロソフトと提携、ビットコインなどのブロックチェーン機能をフル活用できる「Ginco Nodes」提供へ

  仮想通貨関連事業者向けの「Ginco Nodes」では、システムの開発及び維持コストを大幅に抑えながら、ビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)といったブロックチェーンの機能をフル活用できるようになるという。参照元

  ✩✩✩✩

4.イーサリアム大型アップデートの懸念払拭へ:創設者ブテリン氏「コンスタンティノープル」の脆弱性を否定

  共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、15日の開発者会議で、コンスタンティノープルで実装予定の新機能に”潜在的な脆弱性”があるとの見解を否定した。今回のETH高騰を後押しした可能性もある。参照元

  ✩✩✩✩
5.日本金融庁が、新たに無登録の海外仮想通貨交換業者へ警告書を発出|未だ日本語削除の対応はなし

  金融庁がジブラルタル所在の無登録仮想通貨交換業者へ警告していた問題で、3日経過も日本語の削除等の対応が行われていないことがわかった。金融庁の更に厳しい対応へ発展する可能性が浮上している。参照元

  ✩✩✩✩

6.リクルートが匿名仮想通貨プロジェクトBeamへ出資|最新匿名技術MimbleWimbleとは

  株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルートは18日、匿名仮想通貨プロジェクトを進めているBeam Development Limitedへの出資を行なったことをプレスリリースすることを通して公表した。参照元

  ✩✩✩✩

7.仮想通貨ウォレットのSpendがRipple / $XRP のサポートを追加

  仮想通貨ウォレットのSpend.comはリップル(Ripple/$XRP)のサポートを追加したことを2月16日に発表しました。今後は同社が発行するSpend VisaカードでもXRPを使うことができます。参照元

  ✩✩✩

8.仮想通貨採掘大手Bitmain、ビットコイン採掘に利用する次世代型7ナノASICチップを発表

  Bitmain社が、ビットコインやビットコインキャッシュのマイニングに利用される7ナノASICチップ「BM1397」の発表を行なった。28.6%の電力消費削減を実現、パフォーマンスを向上させた。参照元

  ✩✩✩

9.Coinbase対応のデビットカード提供業者が業務停止か

  仮想通貨取引所のCoinbaseユーザーがその口座を利用してBTCによる支払いを可能にするデビットカードを提供していたシフトビットコイン(BTC)デビットカードの開発者グループは4月11日で業務を停止することを発表した。理由は明らかにされていない。参照元

  ✩✩✩

10.オマーン2番手の銀行バンクドファール リップルネットで決済スタート インドの国際送金市場狙う

  中東オマーンで2番目に大きな銀行であるBankDhofar(バンクドファール)が、インドへの国際送金のためリップルの決済ネットワークであるリップルネットを使い始めた。リップル社の南アジアとMENA(中東・北アフリカ)担当者のツイートから明らかになった。参照元

  ✩✩✩

Talenta 2月18日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20181207181856j:plain

2月18日 月曜日

1.仮想通貨取引所の運営にとどまらない 「楽天」が目論む自社サービス連携の先には?

  楽天ブランドに変更されるみんなのビットコイン株式会社は、銀行や証券が傘下にあるフィンテック分野ではなく、新設されるキャッシュレスぺイメント事業に振り分けが行われる。楽天傘下の仮想通貨取引所を運営する「みんなのビットコイン株式会社」は、3月に楽天ブランドとなる「楽天ウォレット株式会社」に商号が変更され、楽天ペイメント株式会社の子会社として、決済事業の一翼を担うことになる。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.アルゼンチンからパラグアイへの輸出品 仮想通貨ビットコインで決済

  アルゼンチンからパラグアイに輸出された害虫駆除用製品、およそ7100ドル相当の決済がBitcoinを用いて初めて支払われたと報じられた。アルゼンチンのBitexが決済に関わっており、正規の手続きを踏んでいるという。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.米国初「仮想通貨を財産として認める」法案がワイオミング州で可決

  米西部のワイオミング州が先月に続き、さらに2つの仮想通貨関連法案を可決した。仮想通貨の直接的保有を州政府では初めて財産として認めたほか、ブロックチェーン業界に対して友好的、かつ米国の仮想通貨事業が変わる法整備が次々に進められている。参照元

  ✩✩✩✩

4.Ripple社創業者、アブダビの国際金融センターや規制庁と「仮想通貨規制」で会談

  アラブ首長国連邦の首都アブダビに拠点をおく国際金融センターであるアブダビ・グローバル・マーケットが、Ripple社創業者のクリスラーセン氏をIFCに招き、アブダビ・グローバル・マーケット金融サービス規制庁のCEOを務めるリチャード氏などと会談を行なったことを発表した。参照元

  ✩✩✩✩
5.米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する

  ナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関から出資をうけた次世代仮想通貨取引所ErisX社は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に対してイーサリアムの仕組みと市場に関する意見書を提出した。これはCFTCからの要請に応えたものであり、「イーサリアム先物取引が規則に則り運用されることで、市場の成長や成熟にプラスの影響を与えるであろう」との積極的な内容となっている。参照元

  ✩✩✩✩

6.フランス、新聞や切手も売る「タバコ屋」1万店舗で仮想通貨が購入可能に|ビットコイン、XRP(リップル)など計5種類

  フランスの仮想通貨スタートアップDigycodeは、ユーロで購入できる仮想通貨クーポンの販売を国内1万店舗のタバコ屋で可能にすると発表。クーポンはビットコイン、XRPなど計5種類の通貨に対応予定。参照元

  ✩✩✩✩

7.仮想通貨イーサリアムのコミュニティ投票、新システム実装は80%が賛成に

  現在、イーサリアム「ProgPoW」の実装の是非を問うコミュニティ投票で、80%以上の票が賛成に集まっている。投票結果に拘束力はないもののコミュニティの大多数がそれを望んでいることが改めて明確になるだろう。その結果からは、コミュニティはイーサリアムにさらなる非中央集権性を求められていることが推察できるだろう。参照元

  ✩✩✩

8.大手仮想通貨仲買業者、45万人の顧客データ流出を報告

  イスラエルを拠点にクレジットカードによるBitcoin Ethereumの販売を行なっていた仲買業者のCoinmamaは、最近発覚した大規模なクレジットカード記録漏洩事件の影響により顧客情報が流出した可能性があると発表した。同社のシステムの不備ではないとしている。参照元

  ✩✩✩

9.巨大需要を記録したバイナンスの仮想通貨トークンセール、第二弾実施詳細を公開

  Binanceのローンチパッドで今年のトークンセール第一弾で成功例となったBitTorrentのBTTトークン、これに続き、第二弾となる仮想通貨「FET」は日本時間2月25日23時より開始する予定。参照元

  ✩✩✩

10.アップル社、ブロックチェーンに関する書類を米SECに提出|Apple Inc.の狙いは

  アップル社は、米SECにブロックチェーンに関するガイドラインの書類を提出したことが明らかとなった。ブロックチェーン技術に高い関心を寄せている可能性が考えられる。参照元

  ✩✩✩

Talenta 2月15日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20181207181856j:plain

2月15日 金曜日

1.米大手銀行JPモルガンが独自仮想通貨を発行|ビットコイン懐疑的な見方の変化に期待の声

  米国大手銀行JPモルガンは、米国のメガバンクで初となる独自仮想通貨の発行を行う。システムの詳細も明らかになり、利用対象者として挙げられたのは同行の大口顧客だ。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.カナダ大手取引所Coinsquare、分散型取引所StellarXを買収

  14日、カナダ大手取引所のCoinsquareが分散型仮想通貨取引所のStellarXを買収した。子会社化されるStellarXは今後、バミューダを拠点に開発を続け、同国規制機関から取得していく方針だ。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.中国IT大手バイドゥ、独自ブロックチェーンOS実稼働を開始|商業化の促進を目指す

  中国の百度(バイドゥ)社は14日、、独自のブロックチェーンオペレーティング・システムBaidu Block Engine(BBE)の実稼働を開始した。分散型アプリケーション(dApps)などの開発を促進させる。参照元

  ✩✩✩✩

4.ロシア法務大臣「仮想通貨の概念を立法化する必要性は認識していない」

        ロシアのアレクサンドル・コノワロフ法務大臣が、決済手段としての仮想通貨の使用が憲法によって禁止されているという事実があるため、仮想通貨の概念を立法化する必要性をそもそも認識していないと発言した。参照元

  ✩✩✩✩
5.米SEC、最有力ビットコインETFの再申請審査を開始|仮想通貨市場注目のカウントダウン始まる

  米SECが13日、Cboeが先月最申請を行なったVanEck版のビットコインETFに対する「パブリック・コメント」の募集を開始し、正式にビットコインETF審査のプロセスが始まった。参照元

  ✩✩✩✩

6.リップル社の投資部門 仮想通貨XRPアプリ開発のXRPL Labsに出資

  リップル(XRP)の投資部門Xpringは、XRPレジャー用ソフトを開発するスタートアップであるXRPL Labsに投資したと発表した。参照元

  ✩✩✩✩

7.米仮想通貨資産マネジメント 2018年第4四半期の資金流入額は大幅減少 |年間ベースでは過去最高

  仮想通貨資産マネジメントのグレイスケールは、2018年の第4四半期(10月~12月)の資金流入額が3010万ドル(約33億円)だったことを明かした。弱気相場が続く中、過去最高を記録した前年同期比の3分の1ほどに留まったという。参照元

  ✩✩✩

8.UCバークレー、アクセラレータプログラムを発表

  UCバークレーは初期段階のブロックチェーンスタートアップを支援するためのアクセラレータプログラム、Berkeley Blockchain Xceleratorを立ち上げることを発表した。Blockchain at Berkeleyという学生団体も協力して開催される。参照元

  ✩✩✩

9.仮想通貨会計税務・法務・資産活用の「Aerial Partners」、ヤフーグループのZコーポレーションなどから総額8億円の資金調達を実施

  仮想通貨の取引支援事業を提供する株式会社Aerial Partnersは、ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション、ジェネシア・ベンチャーズ他、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当による株式の発行を実施した。参照元

  ✩✩✩

10.世界の8人に1人 ネット購入に仮想通貨を使用|ビットコイン決済受け入れ企業も急増

  世界の8人に1人が、インターネット上で商品を購入する際、ビットコインなど仮想通貨を使用しているとカスペルスキーラボの研究者が発表した。また、コインマッププラットフォームのデータによると、ビットコイン決済を受け入れる企業の数は過去6年間で700%以上増加している。参照元

  ✩✩✩

Talenta 2月14日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20181207181856j:plain

2月14日 木曜日

1.Bitcoinネットワークで生成されたブロックは3MBの記録的な最高に達す

  Blockchain.comの最新のデータによると、ビットコイン・ネットワークが拡大するとともに、生成されるブロック(平均生成時間が約10分)は史上最高の1. 3MBになったきた。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.ETH平均ブロック生成時間が20秒を超え、発行数も減少

  Etherscan.io よると、現在のETHの平均ブロック生成時間は20.3秒に増加。 また、1日当たりの発行数は約12,768 ETHに減少。公開データによると、ETHは現在123.85米ドルで、今日は3.06パーセント上昇した。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.金融庁、仮想通貨取引所GMOコインの業務改善命令を解除か ロイター紙が報道

  金融庁が、仮想通貨取引所のGMOコインに対して、業務改善命令を解除したことが明らかになった。2018年1月29日に出されたコインチェックに対する業務改善命令以降、同じ交換業者へのものを含めて22回もの行政処分が下されたが、業務改善命令が解除されたのは、先日登録許可を受けたコインチェックに続き2社目となる。参照元

  ✩✩✩✩

4.仮想通貨取引所ビットトレードが、正式にHuobi Japanに称号を変更|日本におけるHuobiブランドを目指す

  国際的な仮想通貨事業を手がけるHuobiは13日、日本で仮想通貨取引所を有する「ビットトレード株式会社」が、「フォビジャパン株式会社」に社名を変更したことを発表した。国際的な仮想通貨取引所としても名高いHuobiブランドの確率を目指す。参照元

  ✩✩✩✩
5.米商業銀行CEO「3月から機関投資家が参入するだろう」|Bakktのビットコイン先物とフィデリティ仮想通貨カストディの日程に言及

  米商業銀行Galaxy Digital社のCEO、マイケル・ノボグラッツ氏が機関投資家がカストディや先物取引などの発展を通して仮想通貨市場に「今後6ヶ月から1年をかけて参入してくる」と予想した。他にもビットコインがアルトコインと差別化した「デジタル・ゴールド」となる理由も語った。参照元

  ✩✩✩✩

6.仮想通貨ウォレットMyEtherWallet、新バージョン発表で秘密鍵の自己管理が可能に

  イーサリアムを軸に、多くの仮想通貨の保管を可能にする人気オンラインウォレットのMyEtherWalletの新バージョンへのアップデートとマルチスワップ機能などの追加が発表された。仮想通貨両替サービスChangellyとの提携で実現している。参照元

  ✩✩✩✩

7.仮想通貨ウォレットのGinco 仮想通貨取引所向けソリューション開始 ノードの導入支援やウォレットアプリのOEM提供

  仮想通貨ウォレットのGincoは13日、仮想通貨取引所向けにブロックチェーンのノードの導入・運用サービスや仮想通貨ウォレットアプリのOEM提供などを開始すると発表した。仮想通貨交換業者が金融サービスの内部管理態勢整備と仮想通貨に特化したシステム構築の両方を行う必要がある中、今回のサービスで開発面での負担軽減につなげてもらう。参照元

  ✩✩✩

8.Coinbase Wallet、秘密鍵をiCloud、Google Driveで管理可能に

  Coinbaseが提供している仮想通貨ウォレットのCoinbase Walletは、ウォレットの秘密鍵を復元するキーを自身で設定したパスワードで暗号化してiCloud、Google Driveなどのクラウドに安全に保管できる仕組みを発表した。参照元

  ✩✩✩

9.“純正じゃない”ビットコインETF 米資産マネジメントが撤回

  ビットコイン先物に上限で15%しか投資しないETF(上場投資信託)をSEC(米証券取引委員会)に対して提案していた米資産マネジメントReality Shares(リアリティー・シェアーズ)が12日、SECの求めに応じてこの提案を撤回したことが明らかになった。参照元

  ✩✩✩

10.匿名仮想通貨ビーム ミンブルウィンブルとライトニングネットワークの互換性目指す

  匿名仮想通貨Beam(ビーム)が12日、プライバシーとスケーラビリティ(規模の拡大)、取引機密などの実現をうたう「MimbleWimble」(ミンブルウィンブル、MW)と互換性のあるライトニングネットワーク(LN)に関するドキュメントを公開した。参照元

  ✩✩✩

Talenta 2月13日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20181207181856j:plain

2月13日 水曜日

1.イーサリアムの「コンスタンティノープル」と「ピーターズバーグ」はブロック7,280,000 2月25日に起動

  イーサリアム(ETH)の次のアップグレード「コンスタンティノープル」について、アクティブ化の準備が進んでいるようです。開発者はRedditで、事前に必要なソフトウェアの更新をアナウンスして、ブロック・エスティメーターを添付しました。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功

  xRapidの利用を予定するSendFriendは新たに、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から約1億8790万円を調達したことを発表した。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.米仮想通貨投資運用ファンドへ年金基金など機関投資家が出資|44億円相当の資金調達に成功

  米国バージニア州フェアファックス郡の年金基金2つが仮想通貨に特化した米投資運用企業のモルガン・クリーク・デジタル社のブロックチェーン・ファンドに出資していたことが判明した。年金基金や大学基金など多くの機関投資家が仮想通貨投資ファンドに出資した形となっている。参照元

  ✩✩✩✩

4.仮想通貨の低迷で米ハイテク企業のブロックチェーン専門家獲得競争が激化か

  仮想通貨相場の低迷が続いていることから、フェイスブックなどの米ハイテク企業にとって仮想通貨やブロックチェーン企業の従業員を獲得しやすい状況になりつつあると11日付のCNBCが報じた。参照元

  ✩✩✩✩
5.GMO:仮想通貨のマイニング拠点を夏前までに移転 「電気代を半分以下に」 

  GMOインターネットは12日、2018年12月期決算を発表した。昨年12月末に公表した仮想通貨マイニング事業関連での353億円の特別損失により、純利益は207億円の赤字となった。GMOインターネットの熊谷正寿社長は同日開催した決算説明会で、自社マイニングを継続する方針を改めて示し、電気代が半分以下となる新拠点への移転を夏前までに完了させることを明らかにした。参照元

  ✩✩✩✩

6.米仮想通貨資産運用モルガン・クリーク・デジタル 年金基金などから資金調達|機関投資家が殺到

  仮想通貨資産マネジメントのモルガン・クリーク・デジタルが12日、ブロックチェーンとデジタル資産業界に対して投資をするベンチャーキャピタルファンド向けに4000万ドル(約44億円)の資金調達をした。弱気相場にも関わらず、投資家の出資意欲は衰えていないようだ。参照元

  ✩✩✩✩

7.仮想通貨の不正利用追跡するチェイナリシス VC大手Accelから資金調達

  ブロックチェーン上の資金の流れを追跡する調査会社Chainalysis(チェイナリシス)が12日、ベンチャーキャピタル大手Accelなどから3000万ドル(約33億円)の資金調達をしたと発表した。参照元

  ✩✩✩

8.財務省の広報誌「ファイナンス」、仮想通貨の税金特集でビットコイン決済のメリットにも言及

  財務省が発行する広報誌の1月号で、仮想通貨の確定申告に関する特集が組まれた。一般初心者にも分かりやすいようQ&Aや図解付きで解説されており、BTCなどブロックチェーンの利点にも触れた。参照元

  ✩✩✩

9.Bitfury、医療用画像プラットフォームと提携

  仮想通貨取引所及びブロックチェーンの開発を行なっているBitfuryはX線写真やCTスキャンの画像などの医療用画像をブロックチェーンを通して医療従事者間で共有するプラットフォームの開発のためにMedical Diagnostics Web (MDW) とのパートナーシップを発表した。参照元

  ✩✩✩

Talenta 2月12日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20181207181856j:plain

2月12日 火曜日

1.ETHがXRPを超えて、市場価値のランキングに2位になった。

ETHは50日間SMA(赤色)でレジスタンスに直面している。もし強気派が116.30ドルより上の水準を維持できれば、今後2、3日でそのレジスタンスを突破するだろう。一方、XRPは、2月8日の反発では、下降トレンド線を突破できなかった。参照元

  ✩✩✩✩✩

 

 2.Google Playストア「メタマスク」になりすました仮想通貨マルウェアを削除 セキュリティ企業からの警告受け

  分散型アプリ(DApp)メタマスクが、同アプリになりすましたマルウェアがGoogle Playストアで見つかった。このマルウェアは仮想通貨を盗む目的でコンピューターのクリップボードの情報を置き換えるものだ。グーグルは既にこのアプリを削除している。参照元

  ✩✩✩✩✩

 

3.仮想通貨市場は「2019年中に底を打ち、回復局面に」|ファンドストラットが2019年の予測発表

  アメリカの金融調査会社のFundstratは2019年の仮想通貨に関する見通しのレポートを発表した。これによると仮想通貨は2019年に大量に利用されるということはないものの、価格は2018年のような低水準ではなく回復傾向に向かうとの見方を示した。参照元

  ✩✩✩✩

 

4.米FDA、医薬品の来歴追跡に向けブロックチェーンの試験的導入へ

  米国食品医薬品庁(FDA)は、サプライチェーンの品質向上のために、ブロックチェーンを医薬品業界に導入する計画を発表した。現在プロジェクト参加企業を募っている。参照元

  ✩✩✩✩

 

5.中東の国際送金企業がリップルネットに加盟|UAEからタイへの送金経路を確保へ

  UAEを本拠地とする国際送金企業Finablr社は、ブロックチェーン技術を利用した決済サービスの提供に向け、RippleNetに加盟し、タイへの送金経路を確保した。参照元

  ✩✩✩✩

 

6.ブロックチェーンETF提供の投資顧問企業、米SECにビットコイン先物を含む新たなETF商品の申請を提出

  CboeやCMEが提供するビットコイン先物取引を一部に組み込むETF商品がReality Shares社などから米SECに申請された。同社は既にナスダックと2018年1月からブロックチェーン関連のETF商品を提供している。参照元

  ✩✩✩✩

 

7.リップル社のチーフ・マーケティング・ストラテジストが退社|仮想通貨XRPとリップルの違い説明に尽力

  リップル社のチーフ・マーケティング・ストラテジストであるコーリー・ジョンソン氏が退社したことが明らかになった。ジョンソン氏は、元ブルームバーグテレビの司会者と知られ、2018年3月よりリップル社でマーケティングに尽力。とりわけリップルと仮想通貨XRPの違いについて明確にすることに努めた。参照元

  ✩✩✩

 

8.仮想通貨ツイッターCEO 他の仮想通貨よりビットコインが好きな理由を解説

  ビットコイン強気派のツイッターのジャック・ドーシーCEOが、11日にポッドキャストに出演し、ビットコインの他の仮想通貨に対する優位性を説明した。また、スクエア社のアプリ「キャッシュ」にビットコイン取引スピードの改善などを目指すライトニングネットワークを組み込むことについて、「時間の問題」と話した。参照元

  ✩✩✩

 

9.SECの「ビットコインETF」肯定派クリプト・ママ、仮想通貨トークンが有価証券に該当するかどうかの判断基準に言及

  SECのHester Peirce氏が米ミズーリ大で講演を行い、「投資契約」ではなく、機能中のネットワーク使用のために販売されたトークンは、証券法の適用外となると定義した。参照元

  ✩✩✩

 

Talenta 2月11日の仮想通貨ニュース速報

f:id:TalentaSG:20190211121048p:plain

2月11日 月曜日

1.フィリピン最大級の銀行が仮想通貨ATMを発表

        フィリピンで最大級の銀行であるユニオンバンクはフィリピンの中央銀行の規制に沿った仮想通貨ATMの発売を開始することを発表した。同国で最初の合法的な仮想通貨ATMとなり、今の所具体的な取引対象の通貨は発表されていない。参照元

  ✩✩✩✩✩

 2.『仮想通貨イーサリアム0』に「スワップ・オア・ノット機能」を追加|最新進捗状況を公開

         2月9日にGitHub上にて、イーサリアム 2. 0に向けた開発の進捗状況について公表された。注目点は、新しいシャッフルのアルゴリズムを起用したスワップ・オア・ノット機能の追加である。参照元

  ✩✩✩✩✩

3.ベネズエラでビットコイン取引量が過去最高を記録|政府発行仮想通貨ペトロの現状や規制の動向から考察する背景

        ハイパーインフレなど混迷を極める経済状況に置かれるベネズエラは、政府発行の仮想通貨ペトロの現状や強硬的な仮想通貨業界の規制枠組み法案の施行など、仮想通貨を取り巻く環境においても混乱が伺える。参照元

  ✩✩✩✩

4.NY証券取引所の親会社CEO「仮想通貨取引所Bakktへの投資は壮大な賭け」 将来性に大きな期待

       仮想通貨取引所Bakktの親会社ICEが2018年Q4決算説明会にて、純売上高が過去最高と発表した際、今後もBakktへ財政的支援を継続すると明らかにし、大きな期待を寄せている。参照元

  ✩✩✩✩
5.仮想通貨関連の相談件数、前期比36%減少|金融庁「金融サービス利用者相談室」の受付状況に関する最新報告書

        金融庁は、平成30年10月1日~同年12月31日までの期間中に金融庁へ寄せられた、仮想通貨等を含めた相談件数と相談案件の詳細をまとめた報告書を公表した。参照元

  ✩✩✩✩

6.仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目

        八日から高騰を見せているライトコイン、新たな匿名機能の導入発表に続き、高速決済システムの利用が4000店舗以上に拡大されることも明らかに。参照元

  ✩✩✩✩

7.SWIFT 国際送金でリップルに対する優位性を主張 |ブロックチェーンや仮想通貨の役割に懐疑的

        SWFIT(国際銀行間金融通信協会)のグローバルバンキング部門トップであるウィム・レイメーカーズ氏が、クロスボーダー(国をまたいだ)送金におけるブロックチェーンの課題について指摘し、自社が開発したGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)の優位性について語った。参照元

  ✩✩✩

8.英finder3月初旬の仮想通貨価格予想|ビットコインやリップル(XRP)の短期的な上昇やBNB予想に注目

        英国の比較サイトfinder.comが、専門家10人による2月度の仮想通貨価格予想を発表した。ビットコインやイーサリアム、BNBといった主要13銘柄においては3月1日までには小幅の上昇を予想しており、年末までに全体的に大幅の上昇を見せると予測。参照元

  ✩✩✩